3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

住まい新聞一覧

トピックス

只今、ファースの家を建築中!

    住まいを選ぶとき、どこをゴールに決めていますか?   家はつくるまで、住むまでがゴールではありません。   家は長く住む場所です。 お子様が独立した後、 ①家の中の暑さによる熱中症、脳卒中、冬の家の中の寒暖差によるヒートショックを防ぐことができる家かどうか。 ②100歳まで住める家かどうか。 ③冷房暖房をかけた・・・

子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案

  人生100年時代! 100歳まで住める住まいの選び方   理想の住まいって何でしょう。 それは、そこに住まうご家族が心から落ち着ける空間であり、健康に暮らすことができる、使い勝手の良い住まいだと思います。   住宅の本当の性能や快適性は、住み始めてからは目に見えない、土台・柱・梁などの「住宅の構造部分」と「劣化しにくい断熱・・・・

これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!

わたしたちに馴染みの深い結露と言えば、冬場の窓ガラスにびっしりついた水滴ではないでしょうか。結露は冬に発生するものと思われがちですが、夏の暑い時期に『壁の中で発生』する夏型結露が今、深刻な問題となっています。   今日のようにエアコンもなければ扇風機もない時代は、日本人が住む家は、夏は風通しがよく、冬は隙間風の吹く実に換気の良い造りで(夏は暑く、冬・・・

建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?

  近年、家電の性能がよくなり、省エネタイプのエアコンも多く、使用される方の負担も少ないためつけっぱなしにされている方も多いと思います。 しかし、ファースの家のような結露が乾く性能、空気循環できる家でなければ、つけっぱなしは結露を招く恐れがあり、結露は柱や土台の木材を腐敗させ、同時にカビやダニによりアレルギー疾患などの健康被害も発生させてしまうとい・・・

壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!

  これから新築をお考えの方へ   壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG! 私たちに馴染みの深い結露と言えば、冬場の窓ガラスにびっしりついた水滴ではないでしょうか。結露は冬に発生するものと思われがちですが、夏の暑い時期に『壁の中で発生』する夏型結露が今、深刻な問題となって・・・

住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを

  これから新築をお考えの方へ   住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを 家が長持ちしない最大の原因は、壁の内部で発生する結露(夏型結露)によるものです。   今日のようにエアコンもなければ扇風機もない時代は、日本人が住む家は、夏は風通しがよく、冬は隙間風の吹く実に換気の良い造りで(夏は暑く、冬は寒い)、建物の内外で・・・

知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり

  これから新築をお考えの方へ   知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり どこに建てようか?こんなデザインの家に住みたいな。間取りはどうしよう?と考える時間は楽しいもの。ただ、本当に後悔しない価値のある家なのか…。その点については、「考えたことがない」という方も多いはずです。   家はとても大きな買い物。・・・

病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!

  健康被害の原因は家にある? 健康は私たちにとって一生のテーマです。 病気にかかってから始めて身体の大切さに気づく人も多いですが、本当に大切なのは「予防」の観点です。   家が大きな予防対策になるという事実をご存じの方はどれだけいらっしゃるのでしょうか?本物の健康住宅は免疫機能を上げて、様々な病気から私たちを守ってくれるのです。 &nb・・・

換気扇だけでは、空気を快適に保てません

  換気扇だけでは、空気を快適に保てません 近年の住宅は、気密性や断熱性に優れているため、窓の開放や換気システムを使用しないと空気の入れ換えができません。そこで、空気の流れをつくり出すことのできる24時間換気が結露対策のポイントです。   現在の新築住宅では、シックハウス問題で24時間換気の設置が義務付けられていますが、一般的な24時間換・・・

住宅完成見学会の貴重さ

  モデルハウスはお客様にお見せするためだけに作られます。モデルハウスも期限があり、せいぜい5・6年くらいで建て直します。   建材や備品、設備機種などは、時代の最先端のモノを整えなければなりません。 莫大なお金が掛かりますが、そのすべては最終的にお施主さまの施工費に被さっています。   わたしたちのような地域の工務店は、そのよ・・・

家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?

  これから新築をお考えの方へ   価格の安さには、安価にした理由があるはずです。支払っただけの対価に足りない買い物をしないために賢い選択を。 ほとんどの方が35年の住宅ローンを組んで新築されています。住宅ローンの金利が非常に安くなり、家を建てるにはよいタイミングだと思います。しかし、気をつけなければならないことがあります。  ・・・

建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。

  これから新築をお考えの方へ   図面や内覧ではわからない家の仕組みを知っているからできる提案 家の外部は、塗り壁。形は、入隅(いりすみ)・出隅(ですみ)(出隅とは・・・角が外側に向いた部分、入隅とは・・・角が内側に向いた部分)を多くする。内部の素材は、無垢材を使用。など、決められた予算の中で、見えるところに最大限の予算をかけ、長年暮ら・・・

快適湿度と結露の因果関係

  窓ガラスやサッシの結露は、カビやハウスダストの根源となり忌み嫌われます。   家の温熱環境が快適かどうかは、住む人により感じ方が異なりますが、温熱環境マニュアルで勧める適切な暖房温湿度は、室温20℃湿度50%とされています。この適切といわれる温湿度の露点温度(結露が発生する温度)は、9.3℃です。 外気温しだいでは窓やガラスが9.3℃・・・

病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』

  家のなかを暖かくするのがいちばんの近道 予防医学を研究されている星先生を一昨年と昨年福山にお招きし、健康長寿の秘訣についての講習会や勉強会をしていただきました。   星先生の新刊「ピンピンコロリの新常識」は、「大いに笑う」「お金の計算をする」「公民館に行く」など人生を謳歌するための要素がたくさん詰まった内容になっています。その中に「寒・・・

住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。

  建ててからでは遅い!建てるときの選択が大切です! “健康”と聞くと、「医療」「食事」「運動」を思い浮かべる方が多く、「住まい」との関わりを意識している方は少ないと思います。ですが「住まい」は生涯で最も長い時間を過ごす場所です。   人々の生活習慣や環境とも密接に関係し、住む人の健康に様々な影響を与えることに、行政や医者なども目を向け始・・・

家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。

  冬場に多発する住宅内事故『ヒートショック』 寒い時期になるとテレビや雑誌などでよく取り上げられる言葉ですね。   家庭内での不慮の事故死が増え続け、高齢者の浴室での溺死事故にいたっては交通事故死者の約4倍も発生しています。なぜこうした事故が増えているのか?ひとつの要因として考えられるのが【家の寒さ】です。   家の寒さは、血・・・

ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」

    共働きで平日お家の窓を開けっ放しにできないご家族の皆様へ ワンちゃんの体に負担をかけず、家計にも優しい! 日本は年々気温が上昇しているように感じます。人間でも体力を奪われ不快な季節なのですから、全身が毛におおわれているワンちゃんは、厳しい暑さが続く夏は人間以上に注意が必要ですね。   飼い主の皆さんにとっても、一番心配な・・・

医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」

  「ピンピンコロリ」というフレーズの生みの親 星旦二氏による基調講演 ● 日時:2017年11月12日(日)9:30~12:00(開場9:00~) ● 会場:まなびの館ローズコム 4F中会議室 福山市霞町1丁目10番1号 ● 参加費:無料 (事前申込が必要となります。) ● お申込み締切:2017年11月4日(土) ●お申込方法:お電話またはFA・・・

ファースの家は全館冷暖房が標準です。

  ファースの家は全館冷暖房が標準です。全館冷暖房の家とは、家の中全体が冷房・暖房されており、どこにいってもその環境が保たれ24時間その環境が続く家です。   「ファースの家」概念図   暖房運転 冬の間中、エアコンを24時間稼働させ家中まるごと暖めます。 家の中すべてが快適空間!! ●住宅内に暖かい部屋と寒い部屋がない「温度の・・・

簡単に取り替えられない構造体の仕組み「断熱材編」

  省エネ住宅を支える断熱材の数々。断熱材のことみなさんはどこまで知っていますか? ここ数年、特に断熱の必要性が提唱されることが多くなってきましたが、今までの生活で断熱効果を強く体感したことのない方にとって、必要性を実感できないのではないでしょうか。   また、ひとくちに断熱といっても、断熱材の種類や施工技術はさまざまで、一律の効果が必ず・・・

ページのTOPへ
ページのTOPへ