3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?

価格の安さには、安価にした理由があるはずです。支払っただけの対価に足りない買い物をしないために賢い選択を。


ほとんどの方が35年の住宅ローンを組んで新築されています。住宅ローンの金利が非常に安くなり、家を建てるにはよいタイミングだと思います。しかし、気をつけなければならないことがあります。

 

目先のデザインや価格、間取りばかりにこだわり、品質(性能)へのこだわりが後回しになっていると、35年先、早い人は数年後に後悔することになります。

 

中途半端な性能では、目には見えない壁の中に結露が起こります。すると、カビによる健康被害や躯体(柱や土台)が腐るという最悪な事態が起こります。(気密性の高い家で冷房・暖房を使うことにより結露が発生します)

 

昔と違って、冷暖房をつけて生活することが当たり前になっている今の時代、性能を後回しにした結果、[新築して間がないのにカビ被害で困っている(築5年で建て替え)]といった実例が数多くあります。

数十年のローンがまだまだ残っているのに・・・と泣きたくなるような話です。

 

人生100年時代です。35年先 (30歳でローンを組まれた方なら65歳) の年齢を考え、今、『高い性能を維持できる家』を選んでおけば、その年齢でリスクが高くなるヒートショック、体温低下による病気や認知症を防ぎ、健康寿命を延ばすことができます。

 

35年経った時、もう一度建て替えできるだけの資金のある方はいいですが、建て替えできないという方は、30年先、50年先を考えた家づくりをされることをお勧めいたします。

 

家は〝建てたら終わり〟ではありません。35年間ローンを支払い、長く住まう家です。今だけでなく、住んでからのこと、自分たちの老後のことを考えてこそ、家づくりだと思います。

 

 

開原工務店の家づくり

 

取り替えることができないところに妥協しません

床下の見えないところ、天井裏の断熱と小屋裏通気、壁の中の見えない部分の断熱材、気密層、換気設備や給排水、冷暖房設備など、目に見えずに仕上げ材の中に隠れてしまう部分を疎かにされると、住み始めてからがストレスとなります。

 

快適性に大きな差が出るのは、実は、住んでからは目に見えない構造部分で決まるのです。わたしたちは、この「住んでからは見えなくなる構造部分」にしっかりと予算をかけた家づくりを行っています。

 

30年経っても50年経っても腐らない住まいとは

中途半端な気密住宅では壁の中と冷暖房によって調整された室内との温度差が生まれ、カビやダニ、アトピー性皮膚炎、シロアリの原因となる結露を発生させます。

 

結露が起きたときに、柱、土台などを壁で隠しているため乾燥させることも拭き取ることもできず、柱や断熱材の劣化や耐震性の低下につながるのです。

 

ファースの家は、最小限の冷暖房設備で快適な暮らしが実現いたします。結果として、家の骨組みなどの構造体は新築時と同じきれいな状態を保つことができ、家の寿命は格段に伸びます。

 

100年使える家が当たり前のヨーロッパや米国では、子どもはリフォーム費用を負担するだけで住み続けています。日本のように、家のために高額なローンを組むことがないため、人生をより豊かに送れるということです。

 

せっかく建てるなら、ヨーロッパや米国のように、年を重ねても暮らしやすい、3世代先まで資産として残せる家づくりをしませんか。

トピックス

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方
「新築建売住宅」「ローコスト住宅」のメリット・デメリット
只今、ファースの家を建築中!
子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ページのTOPへ
ページのTOPへ