3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」

 

ペットと快適に暮らす

 

共働きで平日お家の窓を開けっ放しにできないご家族の皆様へ

ワンちゃんの体に負担をかけず、家計にも優しい!

日本は年々気温が上昇しているように感じます。人間でも体力を奪われ不快な季節なのですから、全身が毛におおわれているワンちゃんは、厳しい暑さが続く夏は人間以上に注意が必要ですね。

 

飼い主の皆さんにとっても、一番心配なのは、日中に仕事や買い物に出かけてしまう留守時のことでしょう。

 

共働きで家を留守にされることが多い方は、お留守番の室内犬の熱中症対策のために、夏はエアコンをつけっぱなしにして出社される方が多いと思います。とはいえ冷房をつけっぱなしでは電気料金の請求書がコワイことになるので、なんとか節約したいというのが飼い主の本音ではないでしょうか。

 

ペットのためにエアコンを使って冷房をすると、冷房代がかかることは、やむを得ないことだと諦めていませんか?

 

そんな皆様には全館冷暖房の「ファースの家」がおすすめです♪

 

ファースの家は、夏の間中、エアコンを24時間稼働させ家中まるごと冷やします。
家の中すべてが快適空間!

●部屋を冷やしすぎず、設定温度28℃でも快適に過ごせるので省エネ。
●空気ではなくモノを冷やすので、エアコンの冷風が直接身体に当たらない。
●温度だけでなく湿度を50%前後にコントロール。だから設定温度を28℃にしていても快適。
●季節の変わり目に冷暖房をつけることによって輻射暖房・輻射冷房ができる。

 

だから、ワンちゃんの体に負担をかけない、家計にも優しい!

 

暑さに弱いワンちゃんを残して留守にするときは、室内の温度を一定に保つこと、湿度を60%以下に保つことなど室内の環境を整えることが大切です。ファースの家なら、お留守番のワンちゃんも安心♪

 

ファースの家は、夏だけでなく、冬も温度・湿度をコントロールできる家なので、家中どこでも気持ちよく過ごせます。

 

 

エアコンをつけっぱなしにすると、電気代が高いんじゃないの?

近年はエアコンの性能がよくなり、省エネ型のエアコンも多く、つけっぱしにされる方も増えて来ましたが、ファースの家のような結露が乾く性能、空気循環できる家でなければ、つけっぱなしは結露を招く恐れがあり、結露は柱や土台の木材を腐敗させ、同時にカビやダニによりアレルギー疾患などの健康被害も発生させてしまうという問題点があります。

 

一般のご家庭では、気温や湿度によりエアコンのつけっぱなしが、内部結露を助長する事もありますのでご注意ください。例えば、気温30℃で湿度50%の時の露点温度(結露が発生する温度)が18.4℃ですが、同じ気温で湿度80%では、露点温度が26.2℃となります。つまり26℃以下の部分に結露が発生する可能性があります。

トピックス

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方
「新築建売住宅」「ローコスト住宅」のメリット・デメリット
只今、ファースの家を建築中!
子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ページのTOPへ
ページのTOPへ