3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

高断熱住宅はもやしっ子をつくる?

 

「氷点下が続く北海道ならともかく高断熱高気密は過剰スペック」だとする本州の方々の意見があります。

 

「全館暖房や全館冷房は光熱費が無駄」「住宅内の温度差は子どもの鍛錬になって、モヤシっ子になる事を防ぐ」との声もありますが、寒い家では、ハウスダストが飛散し、子ども達に気管支喘息やアレルギー性鼻炎などと、様々な弊害を与えている現実があります。

 

ファースの家の開発本部では昨年から大掛かりな「ファースの家」健康調査を実施しておりますが、普通の住宅と比較すると子どもも含め、疾患率が劇的に少ない事が証明されています。

 

 

「ファースの家」の空気循環システム

ファースの家は、天井裏に設置された専用の空気循環システムで、住宅内の天井裏~床下~壁内を空気循環する構造になっております。

 

暖房(冷房)期間中は、暖気(冷気)が空気循環によって、住宅の天井材・床材・壁材に触れ、天井材・床材・壁材が蓄熱(蓄冷)されて、室温に近づき「周囲温度と空気温度」がほぼ同じになるので、無駄に室温を上げたり(下げたり)しなくても、暖かい(涼しい)環境となります。

 

一般家庭での住宅内の湿気被害は意外と多く、湿気対策を怠っていると構造体である木材の腐朽にもつながり、耐久性が悪くなります。

 

さらに洗濯物の室内干し頻度が高い高湿度環境となる家庭では、喘息やアトピー性皮膚炎、鼻炎などのアレルギー症状が出る割合が高いという実験データも出ています。

 

ファースの家は、床下に敷設された調湿剤により、適度な湿気をもった空気が循環されますので、夏はジメジメせず、冬は過乾燥しない快適な環境となります。高湿度によるダニの発生は住む人の健康や住宅の耐久性に大きく関係することを理解する必要があります。

トピックス

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方
「新築建売住宅」「ローコスト住宅」のメリット・デメリット
只今、ファースの家を建築中!
子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ページのTOPへ
ページのTOPへ