3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

わたしたちの家づくりの予算

 

家を建てるときに避けては通れないのが予算ですね。

わたしたちは長く快適に住めて「資産」になる家づくりを目指しています。目に見えずに仕上げ材の中に隠れてしまう構造部分、長年にわたり維持・管理できる高気密性能・高断熱性能・防犯性能=「住み心地、安全性」を重視。

 

「住み心地、安全性」のグレードを変えることなく予算の配分をさせていただき、「外観・インテリア・キッチンなど」の予算をお客様と一緒になって考えていきます。

 

経年劣化や耐用年数がきたキッチンなどの水回りはリフォームで取り替えることができますが、構造部分は簡単には取り替えができません。

 

わたしたちの、住んでからは目に見えない部分にしっかりと予算をかけた家づくりは、天井・壁・床下まで新鮮な空気が流すことができ、夏涼しく、冬暖かく、24時間冷暖房を付けたままでも省エネ、結露・カビを防ぎ、住宅寿命を大幅に伸ばすことができる長い年月を安心し快適に過ごすことができる住まいです。

 

総建築費に占める割合を比較(建築面積約35坪2,000万円の場合)

わたしたちの家づくりの予算

取り替えることができないところに妥協しません

床下の見えないところ、天井裏の断熱と小屋裏通気、壁の中の見えない部分の断熱材、気密層、換気設備や給排水、冷暖房設備など、目に見えずに仕上げ材の中に隠れてしまう部分を疎かにされると、住み始めてからがストレスとなります。

 

快適性に大きな差が出るのは、実は、住んでからは目に見えない構造部分で決まるのです。わたしたちは、この「住んでからは見えなくなる構造部分」にしっかりと予算をかけた家づくりを行っています。

 

30年経っても50年経っても腐らない住まいとは

中途半端な気密住宅では壁の中と冷暖房によって調整された室内との温度差が生まれ、カビやダニ、アトピー性皮膚炎、シロアリの原因となる結露を発生させます。

 

結露が起きたときに、柱、土台などを壁で隠しているため乾燥させることも拭き取ることもできず、柱や断熱材の劣化や耐震性の低下につながるのです。

 

ファースの家は、最小限の冷暖房設備で快適な暮らしが実現いたします。結果として、家の骨組みなどの構造体は新築時と同じきれいな状態を保つことができ、家の寿命は格段に伸びます。

 

100年使える家が当たり前のヨーロッパや米国では、子どもはリフォーム費用を負担するだけで住み続けています。日本のように、家のために高額なローンを組むことがないため、人生をより豊かに送れるということです。

 

せっかく建てるなら、ヨーロッパや米国のように、年を重ねても暮らしやすい、3世代先まで資産として残せる家づくりをしませんか。

トピックス

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方
「新築建売住宅」「ローコスト住宅」のメリット・デメリット
只今、ファースの家を建築中!
子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ページのTOPへ
ページのTOPへ