3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!

わたしたちに馴染みの深い結露と言えば、冬場の窓ガラスにびっしりついた水滴ではないでしょうか。結露は冬に発生するものと思われがちですが、夏の暑い時期に『壁の中で発生』する夏型結露が今、深刻な問題となっています。

 

今日のようにエアコンもなければ扇風機もない時代は、日本人が住む家は、夏は風通しがよく、冬は隙間風の吹く実に換気の良い造りで(夏は暑く、冬は寒い)、建物の内外では温度差がほとんど変わらない状態でした。

 

ところが近年、夏は涼しい冷房や冬は暖かい暖房器具など、冷暖房を使用することが当たり前になったことにより、湿度管理できない家、結露が乾く性能のない家は壁の中に結露が発生するようになりました。

 

夏型結露はカビの胞子やダニの死骸・フンによるアトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー疾患等の健康被害のほか、普段目にすることのない床下や壁の中も屋根や小屋裏で発生するため、住んでいる人の知らないうちに柱や土台の木材を腐らせます。家が長持ちしない最大の原因は壁の中で発生する夏型結露によるものです。

 

家は、建てることがゴールではありません。家づくりは住み始めてからが新たなステージの始まりです。住んでから安価な光熱費でクオリティの高い冷暖房が出来ているかどうかも選択の重要な要素となります。住むことを考えて選ばなければ、家も身体も壊れてしまいます。

 

家づくりにおいて多くの方が35年間の住宅ローンを組まれます。人生100年時代の今、35年のローンが終わった後、子育て期間よりも長い子どもが巣立った後の将来も、夏涼しく、冬暖かく快適に住み続ける家づくりのためには、≪壁の中の湿気までを真剣に考えた家かどうか≫≪結露が乾く構造が備わっている家かどうか≫≪性能(数値)はいつまで維持する家なのか≫≪30年先、50年先も続く性能がある家なのかどうか≫の知識を持った家選びが必要です。

 

ファースの家は全館冷暖房が標準です。湿度管理できる性能があり、「住む人も家も健康であること」そのすべてを実現できる家です。いつでも最適な温度・湿度・空気の質。快適空間を「ファース工法」が叶えます。

 

大切な家族を守りたい、家選びに自信がないという方、開原工務店までお気軽にお問い合わせください。

トピックス

子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ファースの家は全館冷暖房が標準です。
簡単に取り替えられない構造体の仕組み「断熱材編」
湿度管理と空気清浄機能・防蟻効果を持った調湿剤「ファースシリカ」
ページのTOPへ
ページのTOPへ