3+家 みたす家

構造、住環境、耐久性、省エネに妥協のない長く快適に住める家

電話:084-971-8811

お知らせ

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方

 

冬場のヒートショック、夏場の熱中症の恐怖。

ゼロエネルギー住宅や長期優良住宅に対する補助金・減税・優遇制度の導入や改正省エネ基準など、国はなぜこういった住宅の推進に向けた取り組みをしているかご存知でしょうか。

 

それは、断熱性能向上により省エネルギーを目的にしているほか、冬暖かく暮らせないと、寒さによる体温低下で病気になるリスクが高くなることや、室内の温度差によるヒートショックによる後遺症や死亡リスクがあることが国の調査で分かったからです。住宅の断熱・気密性能が向上すると、そこに住む人が健康になる、ということは数字で実証されています。

 

住宅の性能を高くすると、介護を受けたり寝たきりになったりせず自立して日常生活を送れる健康寿命を延ばすことができ、住む人の健康を維持する効果が期待できるのです。冬暖かく住むことで、高齢になったときに疾病や介護が必要になるリスクを減らせるということは、増え続ける社会保障費や医療費、介護費を減らすことにもつながります。

 

 

性能を担保できる 本当の高気密・高断熱の家

通常家は新築時に最高の性能(工場出荷の数値)を持ち、数年で落ちてしまいます。家選びのポイントはリフォームをしながらでも30年後50年後も高気密・高断熱の性能がずっと続くかどうかです。

 

見た目や水回りなどのグレードも大事だと思いますが、人生100年時代です、ゴールを100歳と考えた100歳まで住める家づくりが大事だと私たちは考えています。

 

私たちのつくる家は、夏は涼しく冬は暖かい。伝統的な真壁造りの発想により、湿度管理された空気が壁中を流れることで、壁体内結露せず木材、家、家族がずっと健康。基本構造と住宅性能を担保できるから安心して暮らせます。

 

住宅の本当の性能や快適性は、入居してしまってからは見えない、土台・柱・梁などの「住宅の構造部分」で決まります。窓を閉め切る寒い冬も、暑さにむせかえるような夏も、家のなかをいつも清潔な空気が動いているから、サラッと快適。

 

生涯の健やかな暮らしを願って、ファースの家は空気の管理に真剣です。住まいが健康なら住む人も健康であり続けられる未来を見据えた住まいです。

トピックス

人生100年時代、100歳まで住める家の選び方
「新築建売住宅」「ローコスト住宅」のメリット・デメリット
只今、ファースの家を建築中!
子どもが巣立った後の将来を考えた家づくりをご提案
これからつくる家でもっとも怖い夏型結露!
建てようとしている家は70年先まで住める家ですか?
壁の中で知らない間に進行する家のトラブル!人体のトラブル!夏型結露により、カビに悩まされる新築住宅はNG!
住宅ローンを払い終える頃の年齢を考えた家づくりを
知っている人だけが得をする、後悔しないための価値ある家づくり
病気にならないための暖かい家づくり、すなわち「ゼロ次予防」が大事!
換気扇だけでは、空気を快適に保てません
住宅完成見学会の貴重さ
家を選ぶとき、見た目、価格で選んでいませんか?
建築費だけでなく、長い目で見てのトータルコストでお客様にご納得いただけることを第一に考えています。
快適湿度と結露の因果関係
病院・クスリに頼らない健康長寿の秘訣『ピンピンコロリの新常識』
住宅ローンが終わるシニア世代になっても快適な住まいとは。
家の中の温度差の危険性!『ヒートショック』から身を守るには。
ペットと快適に暮らそう!ペットにも優しい「ファースの家」
医学博士が教える「住まいと健康長寿の秘訣」
ページのTOPへ
ページのTOPへ